自然の甘みをじっくり引き出した冷やして食べる「焼きいも」

おいしさの秘密

甘さへのこだわり

しっとり系で糖分を多く含んだ
品種を選定、独自の焼き上げで
濃厚な甘さを引き出しています

なめらかな舌触り

焼きいもを一度冷凍保存し
スイートポテトのような
クリーミーな食感を実現

何も加えない自然派

そのままの甘さが十分なので
お砂糖ゼロで
保存料・着色料も不使用

「甘さUP」こだわりの [焼]

3つの工程をコントールしでんぷんを甘く糖化させる [β-アミラーゼ]が働く温度帯を長くキープ

焼きいもは、サツマイモに含まれるでんぷんが、酵素 β-アミラーゼによって
糖化し、分解されることにより麦芽糖に変化し甘みが増します。
このβ-アミラーゼが効率よく働く温度帯を長くとり、
温度を変えながら、約1時間かけて焼き上げています。

  1. 1 加温 β-アミラーゼが働く温度帯までゆっくりと温度を上げていきます
  2. 2 糖化 でんぷんが麦芽糖に分解され甘みが増していく時間を長くとります

    でんぷんはβ-アミラーゼで分解すると麦芽糖に変化する

  3. 3 焼き上げ しっかりと糖度が上がった後香ばしい焼き色を付けています

でんぷんはβ-アミラーゼで分解すると麦芽糖に変化する

サツマイモの温度推移 -イメージ-

サツマイモの温度推移 イメージ イラスト

「なめらかさUP」こだわりの[冷やし]

焼き上がった後にじっくり冷やすとスイーツのような滑らか食感に

焼き上がったお芋は、粗熱を取った後に時間をかけて冷やします。
じっくり冷やすことで水分量が変化し、ベストな食感を生み出しています。
まるで裏ごししたような、しっとりクリーミーな食感に!

冷やした甘いも イメージ

シーンに合わせて

楽しみ方いろいろ

  • 「朝食に」[冷やし甘いも]は自然の甘さが詰まったしっとりクリーミーなおいしさだから、朝食にもぴったり!
  • 「ブランチに」チーズを乗せて焼けば軽食に早変わり。[冷やし甘いも]の濃厚な甘さとチーズの塩気が、止まらないおいしさ!
  • 「カフェタイムに」トーストに軽くつぶした[冷やし甘いも]とアイスクリームや生クリームをトッピングするだけで、ゴージャースなスイーツに大変身!

商品ラインアップ

冷やし甘いも 商品写真

冷やし甘いも
〈要冷蔵〉

Mサイズ(1本)

Sサイズ(2本)

食べきりおいも 商品写真

食べきりおいも
〈要冷蔵〉

Sサイズ(1本)

冷やし甘いも(食べきり) 商品写真

冷やし甘いも(食べきり)
〈要冷蔵〉

Mサイズ
ハーフカット
(1本)

Copyright © Farmind All Rights Reserved.

ページトップへ