皮は黒く、シマ模様のない外観が特徴。千葉の生産者が丹精込めて育てた、知る人ぞ知る、おいしい黒スイカです。切ってみると、果肉は濃い紅色でやや固め。サクッと歯ざわりが良く、甘みもたっぷりです。
見た目は普通のスイカですが、種を少なく改良した秋田県オリジナルの大玉スイカです。品種名は、あきた夏丸アカオニ。スイカを切ったとき、赤鬼のように真っ赤ということから名づけられました。シャリッとした食感で、食味も抜群です。