おやつ柿で使われている柿の品種は、C道盤柿(チョンドバンシ)という名の日本にはない韓国限定の品種。丸くて柔らかく、高糖度で水分も多い種なし柿です。
低温貯蔵庫と機械化された設備を備え、干し柿の大量生産を行っている専門工場で製造。その工場は、食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム国際規格FSSC22000の認証を取得しています。
半生のもちもちとした甘さが特徴。柿の中の水分を熱ではなく、圧力で取り除くため、柿本来のおいしさそのまま。今回のおやつ干し柿では、40%程度の水分量※で、生に近い味わいを実現しています。もっちもちの食感、たっぷりの甘み。今までの干し柿とは違う、新感覚のおいしさをぜひお楽しみください。
※日本の干し柿は約25〜35%、レーズンは約15〜20%