味はすごくいいのに、栽培しにくく収穫量も少ない。そんな理由で世にデビューすることもなく忘れ去られた、ある幻の柑橘がありました。あの時から、こだわりの生産者によって選抜・改良が繰り返されて、実に50年以上。商標名レッドウインクとして、満を持して世に送り出された唐津みかんの傑作を、真の実ブランドで商品化しました。
甘みたっぷりで果汁も豊富、プリプリの果肉がぎっしり。食べると、はっさくのようなサクサクとした食感が楽しめます。しかも種なしで、手で皮がむけて、房の袋が薄く食べやすい「夢幻みかん」。プレミアム柑橘もいろいろありますが、この夢幻みかんは、ひと味違う。みかんの常識が、ここから変わるかもしれません。