炒めるといっても、きゅうりなら何でもいいわけではありません。一般のものより、中心にあるゼリー部分が少なく、果肉がみっちり詰まっているのが、炒めてもおいしい理由です。独特の食感と風味を、熱々の料理でどうぞお試しください。もちろん、生で食べるのもおすすめ。パキッとした食感が魅力です。
「野菜をもっととりたいけど、料理がマンネリ気味で、なかなか増えない」という声が聞かれる中、そんな方におすすめなのが、この商品。加熱しても生でもおいしいきゅうりなので、料理のアレンジの幅がぐんと広がります。右の写真のようにちょっと大きめサイズは売り場でもきっとインパクト大、お店で見かけたらぜひお求めください。