新潟県のほぼ中央に位置する中之島町大口地区は、新潟を代表するれんこんの名産地として知られています。そこで栽培されるだるま種という品種は、地域の昔からの在来品種で、大口の土地に合っているのか、皮をむくと中は真っ白、心地よい歯触りとうまみが違います。
ゆでてサラダや和えものに。揚げたり、煮たり、炒めたり、いろいろな調理法でおいしい。いつものれんこんと比べてください。この響れんこんは、食感もうまみもまったく違います。粘りがあって、糸を引くおいしさ。昔ながらのおいしいれんこんをぜひどうぞ。