大分県はかぼす発祥の地。その大分の良質のかぼすを原料とするストレート果汁「大分かぼす」は、原料の風味を大切にした製法でつくった逸品です。とれたての香りとさわやかな酸味をそのままに、生しぼり感覚の果汁として、いつでもどこでも気軽にご利用いただけます。
ゆず出荷量日本一を誇る高知県。その中でも、2010年に日本一の清流となった仁淀川流域にある、高知中西部の山間地で栽培したゆずを使用しているのが「土佐のゆず果汁」です。11月に収穫後すぐに果汁をしぼって冷凍することで、高い品質で安定した保存が可能になっています。
国産レモン発祥の地といわれる広島県尾道市瀬戸田町で、瀬戸内海の自然の恵みを受け育まれた天然レモン。本場のレモンの香りとおいしさをそのままに、生しぼり感覚の果汁として商品化したのが「瀬戸内レモン果汁」です。やわらかな酸味と、さわやかな香りが魅力です。
徳島生まれの柑橘、すだちは、さわやかな酸味と香りが特徴です。その風味を大切にして作ったストレート果汁が、「徳島すだち果汁」。繊維質も多く、果汁というより、まるですだちそのものです。いろいろな料理にかけて、さわやかな味わいをお楽しみください。