この真紅の桃りんは、長野県産。信州のなかでも特に桃・ネクタリンづくりが盛んな善光寺平で生産されています。ネクタリンの名物産地のひとつで作られる、期待の新フルーツです。
品種名は、サマークリスタル。夏の輝くようなおいしさという意味でしょうか。真っ赤な皮をむくと、中は桃のよう。この果肉の色が真紅の桃りんの特徴。しかも実際に食べてみると、酸味がほとんどなく、甘みがあってジューシー。これまでのネクタリンとはひと味もふた味もちがうおいしさです。
すこし硬めの食感がお好きな方は、購入後すぐにお召し上がりください。やわらかめが希望であればすこし熟すまでしばらく常温で置いて、お好みの硬さになってからどうぞ。