くり芋の品種名は、黄金千貫(こがねせんがん)。本場・薩摩の鹿児島で、もともと芋焼酎の原料として栽培されていたものですが、味にほれ込んで食べる人もいて、「黄金を千貫積んでも値打ちがあるイモ」というのがこの黄金千貫という品種名の由来です。
見た目も食感もまるで栗のよう。皮をむいてほおばると、ホクホクほっこり、ちょっとクセになるおいしさです。そのまま「ふかす・焼く」はもちろん、天ぷらのほか、つぶしてスープやお菓子など、いろいろな食べ方でくり芋のおいしさをお楽しみください。