関西の料亭や割烹旅館の料理人に選ばれてきたこのじゃがいも。もともと生産量が少ないうえに、そういったプロのニーズがあったことから、一般にはなかなか出回ることのなかった商品です。品種は男爵で、ホクホクと上品な味わいが特徴の白いも。ちょっとプレミアムなおいしさです。本当に希少品ですので、お店で見かけたらぜひお買い求めください。
このじゃがいもが育つ御牧ヶ原台地は、準高冷地で年間降雨量が少なく、土壌は有機質を多く含む重粘土質。火山灰土の白土と信州の気候風土の中で育つことで、他にはない独特のうまみをもつ白いも(男爵いも)ができあがります。