小夏りんごは、さんさ×陽光の交配品種で夏向きのおいしいりんごです。標高300m程度の長野市赤沼で大切に育てられ、7月後半に収穫されます。この小夏りんごを皮切りに、りんご王国・長野のシーズンが本格スタートします。
果肉の色は白く、りんごらしいシャキッとした食感。とてもジューシーで、さっぱりとした甘酸っぱい味。夏にふさわしい、さわやかなおいしさです。ちょっと小ぶりで食べやすいサイズも特徴のひとつ。

※皮の表面に、ザラザラした筋状のもの(サビ果と呼ばれます)ができやすい品種です。味・品質には問題ありません。