株式会社ファーマインド | ニュースリリース | 日本食糧新聞に「おやつ熟柿」が掲載されました

ニュースリリース

2018年07月04日

日本食糧新聞(11面)に「おやつ熟柿」が掲載されました

掲載媒体:日本食糧新聞
掲載日:2018年7月4日


2018年07月02日

日経MJ(5面/新製品)に「おやつ熟柿」が掲載されました

掲載媒体:日経MJ
掲載日:2018年7月2日


2018年06月27日

農経新聞(2面/新製品)に「おやつ熟柿」が掲載されました

掲載媒体:農経新聞
掲載日:2018年6月27日


2018年06月05日

青果の総合ブランド、ファーマインドから、フルーツの楽しみを広げる新商品。
もっちもちで甘い、半生干し柿「おやつ熟柿(じゅくがき)
種なし、ひと口サイズ、新食感。韓国生まれの新しい干し柿です。

青果の総合ブランド、株式会社ファーマインド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀内達生)は生に近い味わいのセミドライ干し柿「おやつ熟柿」を、6月上旬に発売します。種なしでひと口サイズ、もちもちとした食感と強い甘みが特徴です。日本の干し柿および半生干し柿とは違う独特の食感とおいしさが楽しめる、新しいタイプの干し柿。韓国にしかない品種の柿を使い、韓国の一歩進んだセミドライ技術から生まれました。

「おやつ熟柿」という商品名の通り、1袋約63g(柿約2個分入り)でちょっとしたおやつに最適です。

購買層の8割が60代以上という干し柿市場で、このシニア層をメインターゲットに「おやつ熟柿」の訴求強化を図るとともに、手軽でヘルシーな新スウィーツとして、幅広い層に積極的にアピールしていきます。

<日本にはない韓国限定品種>

品種は、淸道盤柿(チョンドバンシ)という名の日本にはない品種。
柔らかく高糖度で水分も多い種なし柿です。

<水分量を絶妙にコントロール>

柿の中の水分を熱ではなく、圧力で取り除くため、柿本来のおいしさがそのまま味わえます。今回のおやつ熟柿では、40%程度の生に近い味わいを実現しており、半生のもちもちとした甘さが特徴です。
※日本の干し柿水分量は約25~35%、レーズンは約15~20%

<生産者は、韓国Nature Farm社>

柿の一大産地として知られる韓国・清道(チョンド)。その地にあるNature Farm社は、低温貯蔵庫と機械化された設備を備え、干し柿の大量生産を行っています。製造工場は、食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム国際規格FSSC22000の認証を取得しています。

代表:イェ ジョンス(예 정수)
住所:257-18, Haksantopyeong-gil, Hwayang-eup, Cheongdo-gun, Gyeongsangbuk-do, Korea 38326
http://en.nfdry.com/

■産地  :韓国
■販売時期:6月11日より通年 全国のスーパーマーケットで販売予定
■販売価格:1袋63g(柿約2個分入り) 248円(想定売価)
■販売者 :株式会社ファーマインド 東京都千代田区神田和泉町1
http://www.farmind.co.jp
<商品に関するお問合わせ先>
販売促進部門 FMD部:川島
TEL:03-5822-0038

ページトップへ