ファーマインドトップページ安全と新鮮への取り組み

安全と新鮮への取り組み

フードセーフティー

Food Safety- 食品安全 -

Food Safety- 食品安全 -

ファーマインドにとって最優先事項は、商品の安全性を保証することです。先進的な衛生管理システムを採用し、国際的な品質管理、品質保証規格であるISO9001及び食品安全の国際規格であるISO22000を取得しています。
加工センターでは、到着した青果物が品質検査を受け、基準を満たすものだけが適正な室温に調整された加工エリアへ運ばれます。さらに商品化の工程では、青果物への保存料は使用していません。有機農産物は、有機JAS認証の要件にしたがって必要な要件を満たしたラインで加工しています。

加工ラインの配置についても、高い衛生水準が維持できる設計を徹底し、クロスコンタミネーション(交差汚染)を回避しています。加工センター従業員の健康管理にも注意を払っています。加工ラインの全従業員には衛生管理上必要な着衣を義務づけ、加工エリアへ入るときは手洗いやエアーシャワーなどの衛生手順が厳格に定められています。

トレーサビリティ

Traceability- 履歴管理 -

Traceability- 履歴管理 -

今日、トレーサビリティは消費者のみなさまの重大な関心事です。ファーマインドでは、梱包用のクレートや商品のパッケージに番号がつけられ、産地や収穫日まで追跡できるトレース・システムを採用し、市場の信頼に応えています。
このシステムは安全・衛生面に加えて、味や品質の向上に役立てています。

トレーサビリティとは?

トレーサビリティとは、生産、加工、流通、販売などの段階で、食品の仕入先、販売先、生産・製造方法などの記録をとり保管し、食品とその情報を追跡しさかのぼることができることをいいます。
これにより、みなさまへ食品の履歴を提示し、より安全性と信頼性を高めることが可能になります。

サステナビリティ

Sustainability- 持続可能性 -

Sustainability- 持続可能性 -

有毒化学物質ほか汚染物質を排出することのない、環境に優しいビジネスを展開しています。さらに、3R(リサイクル、リユース、リデュース)にも取り組んでいます。

サステナビリティとは?

サステナビリティとは、日本語で「持続可能性」と訳されていますが、元々は「sustain」(行動、努力、興味などを持続させる)と「ability」(能力、実力、力量)という2つの言葉からの造語です。具体的には「今日生きている私たちの世代だけでなく、これから生まれてくる未来の世代の人々にとっても、より良い生活のできる世界をつくること」を意味しています。このために企業も政府や市民も共に、地球環境を守り人々が幸せに生きることのできる社会を築くことが求められています。

3Rへの取り組み
パイナップルの皮をリサイクル

カットパインの製造では、たくさんのパイナップルの皮が廃棄されます。このパイナップルの皮を牧場へ家畜用飼料として、また有機肥料としてリサイクルしています。

ダンボールからリユース可能なコンテナへ

ダンボールからリユース可能なコンテナへバナナ、パイナップルを運ぶコンテナは、今までダンボールでの輸送がメインでしたが、再利用可能なプラスチック製の折り畳み式コンテナに順次切り替えています。このコンテナは、日本へ到着後、当社でそのまま加工を行い、積み換えをせず小売店へ配送され陳列されます。商品納入後は折り畳まれ、現地へ戻り再び利用されます。

廃棄物のリデュースへ

上記のような廃棄物のリサイクルへの取り組み、プラスチック製折り畳みコンテナを積極利用することで、ダンボールや発泡スチロールなどの中間流通での廃棄物の低減に努めています。また、加工時に新規の外箱の使用を減らし、原料入荷のダンボール・コンテナの元箱利用、緩衝材の再利用を法令遵守の範囲内で推進し、工場での廃棄物低減を推進しています。

ネットワーク

Network- ネットワーク -

Network- ネットワーク -

ファーマインドは、札幌から福岡まで全国14拠点に加工センターを備えています。いずれも輸入主要港や国内産地への近接性、出荷の利便性に優れた立地です。
当社が設立から短い歳月でここまでシェアを伸ばした背景の一つは、チェーンストアへの対応力です。同じチェーンの各店舗では、同じ規格の商品が販売されます。当社には体系化された効率的なシステムがあり、全国規模の同時供給が可能です。青果の流通プロセスを集約した当社だからこそ、チェーン展開に伴うニーズを満たせるのです。
加工センター一覧

すべての青果商材に対応する全国の青果専用センター

センター連絡先一覧はこちら

ISO

Total Quality Management- 品質への取り組み -

Total Quality Management- - 品質への取り組み -

ISO認証取得
2016年8月、ISO9001マネジメントシステム登録を更新いたしました
ISO9001は、顧客の立場から供給者の製品品質に関わる業務に対する要求事項を定めた国際規格で、認証取得は当社の商品開発、受注、加工、製造、出荷及び関連する事務管理の仕組みが国際的な基準に合致している、と認められたことを意味します。
当社は、品質方針の下、業務改善を進め、品質保証を通じ顧客満足の向上を目指します。

ISO9001審査登録証

  • ISO9001
  • ISO9001
  • ISO9001
  • ISO9001
2014年8月、ISO22000マネジメントシステム登録を更新いたしました

ISO22000は、2005年9月に発効された食品安全を目的とする国際規格です。当社ではHACCP手法を取入れるなど早くから安全への取り組みを進めてきており、センターカットフルーツ部門および本社カットフルーツ関連業務遂行部門において、青果業界で初めてこのISO22000の認証を取得致しました。食品に関連する企業の持続的発展に寄与するリスクマネジメントやコンプライアンスといった要素を組み込んだ国際基準のマネジメントシステムに基づき、お客様に安心していただける安全な商品を提供していきます。

ISO22000審査登録証

  • ISO22000
  • ISO22000
  • ISO22000

当社の品質方針ならびに食品安全方針は以下の通りです。

ISO9001品質方針 ならびに ISO22000食品安全方針
“消費者のライフスタイルの多様化と市場の変化に対応する仕組みを更に高度化することにより、
 青果流通におけるサービスプロバイダーとして業界の発展と豊かな食生活の実現に貢献する。”
  1. ファーマインドグループの全国ネットワークと機能を有効に活用することにより、国内外の生産物が安全であり、豊かであり続けるための環境作りの手助けをし、それを食する消費者にその青果物を届ける手助けをする。
  2. 多様化した消費者のニーズに対応し、且つ、科学的根拠に基づいた安全、安心な製品の開発、提供と情報発信を行う。
  3. 食品安全衛生に対する重要性の認識とコンプライアンスの徹底、並びにサステナビリティへの積極的な取り組みにより社会的責任を果たす。
  4. 上記は品質マネジメントシステムの継続的な改善を通して達成する。

環境への取り組み

Approach to the Enviroment- 環境への取り組み -

Approach to the Environment- 環境への取り組み -

省エネルギー
広島センターに太陽光パネルを設置

広島センターに太陽光パネルを設置地球温暖化への対策として省エネルギー(化石化燃料削減)や温室効果ガスの削減は、昨今社会でも大きく取扱われているテーマであり、当社もその強化策の一環として2011年4月、広島センター(広島市西区草津港)に太陽光発電設備を設置致しました。
その後、郡山センター、名古屋センター、神戸センターにも太陽光発電設備を設置致しました。

カーボンオフセット
カットフルーツ工場でのカーボンオフセット付き白衣・帽子の導入

カットフルーツ工場でのカーボンオフセット付き白衣・帽子の導入2010年末より、当社のカットフルーツ工場では環境に配慮して、カーボンオフセット付き白衣と帽子の導入を始めました。ロゴと社名入りの全センター統一デザインです。
カーボンオフセットとは、人間の経済活動や生活などを通して避けることのできないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずは排出削減の努力を行ったうえで削減困難な部分の排出量を、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などを支援することで埋合せをすることを言います。(カーボン=「CO2」、オフセット=「埋合せ」「打消し」)
今回、当社は7,308kg(2014年)分のCO2削減に貢献しています。

ページトップへ